2007年06月03日

血の婚礼★6/3昼大阪公演

070603_141944.jpg
携帯からです。


厚生年金会館の近くのお店で食事をしています。今日はセンターでしたが、センターは有無をいわさない迫力があって、特にひきこまれる感じがします。最前率はかなりの勢いで低かったのですが、センター率はけっこういい感じです(*´∀`*)
そんなわけで、何を書いたらいいのかわからないのですが、メモを…。





















レオナルドが段に座ってグラスいっぱいに入ったレモン水を飲み干した時、たくさんを一気に飲み過ぎたのか、顎に何筋か液体が伝ってました。そして「けふっ」みたいに溜め息をついてたのですが、変なところに入ってしまったのではないでしょうか、でもセリフはふつうに言われていたので…気のせいかもしれません。濡れた顎はいつ拭くんだろうと思ったら「赤ん坊の顔を見に行こう」ではけるまで拭かなかったので、あのレオナルドはどんなにつっけんどんな態度でも顎が濡れて…と少しにやにやしてしまいました。(心の中で)
それにしても、妻の背中をぽんとしなくなったのは…とても残念です…!!
レオナルドは鼻を触ったり髪を触ったり、しぐさがかわゆくて、ギャップがたまらないです(*´∀`*)
月のシーンで黒い男がぐねぐねしてて少しよろけてましたが、大丈夫ですか…!いつもすごい釘付けです。引き裂かれて…とかもうすぐここでそれは起きる…とか私はもう待ちくたびれた…とか、たまりません…!すごい真似をしたくなってしまいます…!!
ビバセビージャで前でみんなが楽しく踊っている間、奥でひとりふらつくレオナルドを超見てるところも、なんかたまりません…!怖!!!
月が花婿に「さあわたしに(←大阪公演から加わりました)ついておいで」のときの、あっちゃーやっちまったー感のするムンク顔もものすごいです…、他に観たいところもあるのに、だめです、釘付け…!!マントさばきの調子が悪かったらしく、はけ際にはマントが裏返ってしまっていたような…。縫い目が…、大丈夫ですか…!!にいろさんはいつでも完璧な気がしていたので、どきっとしました!
婚礼の朝の感きわまった顔の花婿と、宴会のときの花婿の母の目に浮かぶ涙に、うっかり泣いてしまいました。こんなに幸せな朝だったのに…
最後のじゃあいったい誰が悪いの、では、いつも誰が悪いんだろうと思います。
カテコの1回目でフラメンコがなくて、ちょっとどきっとしました。


そんでもって残りあと2回になりました…。ああー


posted by himra at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の婚礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。