2007年05月23日

血の婚礼★5/23松本公演

仕事を早退してえんやこら観に行って、今帰ってきました。
疑問符オンリーのメールをいただいたので(*´∀`*)レポします、記憶に自信はありませんが。。。orz

とりあえずお風呂を済ませたりしたいと思います。それではのちほど!
とか言いながら、眠くなってきてしまったのでお風呂もレポも両方は無理…なので、お風呂は明日の朝にすることにしました。とりあえず書ける分だけ!ネタバレあるのでたたみます。


.
以下、そんなわけで5/23松本公演のメモです。


先にお風呂…と思ったのですが、だんだん眠くなってきてしまったので先に書ける分だけ書いておきたいと思います。本格的な眠気に襲われたらその日はもう復活不可能なので…お風呂は明日の朝でもいいや!

●全部疑問符でいただいたメールへのお返事(*´∀`*)ノシ
婚礼は今日からでした!参戦してました!レオナルドは元気でした!舞台装置は、手前にあった大きな階段がなくなったのが一番大きな変更点でしょうか!ステージ上への上り下りは両サイドの普通の階段を使っていました。

●ステージ変更に伴って
・大きな階段はなくなりましたが、奥からの壁続きのちょっと斜めな広い段と、1段下がった階段の踊り場くらいの広さの段と、もともとのステージと、3段構造になっていました。メインの茶色の装置?の奥行きや幅はグローブ座と同じに見えました。グローブ座よりももともとの幅が広いステージでしたが、天井から垂れ下がる黒い幕が5層くらいになっていてちょうどうまく幅を狭くしていて…って、わーわかりにくいですね!図解の方がよさそうですか?
・そして客席側からの舞台上への上り下りが大幅に減りました。大幅に減ったというか、1回だけになりました。逃げるレオナルドが下手側通路から、花嫁が上手側通路から駆け上ってくるほかは、客席通路が使われることはなかったような…1列目の前も通りませんでした。確か…?
・グローブ座ではステージに一番近い上手側扉からレオナルドが出入りしたり、花嫁がその通路にたたずんだりしていましたが、その場面ではレオナルドは普通に下手の幕の影に消えていきました。花嫁もその後を追って消えました。なんか打ち合わせをしていると思えば思える場面になっていました。私はしてないほうが好みですが!!
・でも階段がなくなった分、婚礼の宴会のときの天井のレースが自分の頭の上にもかかっていると思えるほど、ステージが近くなっていました。まあステージに近い列ではあったのですが。
・でもそうでした、自分の目線の高さとステージの高さがほとんど一緒だったので、照明の効果はほとんど見えませんでした。血が同じように広がっていったのかどうかも確認できなかったです。かわりに宴会のときのイスの裏が見えました。…いらねー(笑)
・フラメンコの踵の音はとてもよく響いていたように思います。

●レオナルド
・最初登場したときに髪の毛がさっぱりしているように見えたのですが、馬フラメンコを踊り終わったら元通りのもしゃもしゃになっていました(*´∀`*) 短く見えたのは錯覚ですかね!
・本日のレオナルドは、現実になんとか踏みとどまろうとする理性を覗かせつつ、時にとても冷たい声を出したり、激昂したり、振れ幅が大きくて、でも総じて大人の男で優しくて、非常に好みな感じでした。よだれでるー
・馬フラメンコの後の奥さんとの会話の時、途中まではふつうに話をしていたのに、「馬がすごく汗をかいていたものだから」の後の間のあとからは特に声を荒げているわけではないのに明らかに怒っているのがわかって、なんかどぎまぎしました。怒りを抑えている風な分なんだか怖い…声を荒げてもらったほうが若干気が楽なんじゃないかなと思えるような、静かにめらめら燃える怒りっぷりでした。
・空気レオナルドの登場、やっぱり射出口に装填されて発射されてるとしか思えません。なんかびょーーんって…2〜3メートルは飛んでる気がしますよ…?飛びすぎでしょ…?ふつうそんなに飛ばないでしょ…? 途中で幅跳びの選手のような姿勢になっていましたが、射出の瞬間は逆「く」に近い形でした。と思いました。
・「(教会に)私と一緒に行って」のあとの「荷車で?」の前に、左手で鼻をつまむような仕草をして考えていた風なのがかわいかったです…!!それ、頭の中でハムスターが回し車をくるくる回していませんか…!!考え時間がやや長めだったので、本当に意味がわからなくて考え込んじゃったんだろうなあとかわいくなってしまいました。
・宴会で奥さんに踊りに誘われて柔らかく微笑んでいたのがきれいで、どきーんとしました!なんですかそのすてきな笑顔…!!奥さんの前でくるっと美しく回るときも、優しい笑顔に見惚れました…。レオナルドかっこいい…!!奥さんを愛そうとする姿勢がかっこいい!!どうでもいいですが座右の銘が「愛とは意思である」なので…私はそういうのが好きさ(*´∀`*)
・一方で、花嫁を見つめる視線が鋭すぎるのもかっこいいです。心と体が裏腹なんですね、理性と本能とが引き裂かれて(バッ!!)しまっているのですね。哀しいですね。。。

●血の逃走
・前の方にも書きましたが、扉がステージから離れているためか客席通路が使われることがほとんどなくなって、唯一?客席通路を駆け抜けるのがレオナルド(下手側)と花嫁(上手側)ですが、距離が長くなったのか、駆け抜ける足音の振動がけっこうたくさん響いてきました。わあ〜(*´∀`*)
・このシーン、レオナルドと花嫁のスピード感がすばらしくて大好きです。森山さんはもちろんですが、ソニンちゃんのキレのある動きがすごくいいです、すごくイイ!!でなかったらあんな疾走感ないですよ!そして花嫁の揺れるヴェールがすごくドラマティックで、なんだか夢を見ているような気持ちになります。
・身を隠す階段がなくなったので、レオナルドと花嫁はステージ上の低い段の方(わかりにくい)に体を折りたたんで重ねて岩のようになっていました。

●なんてきれいなの
・パターンが決まってきましたかね? 「あなたの手でもあるの、そうでしょ」で花嫁を引き寄せたときはやっぱりキスさせてもらえませんでした。しょんぼり哀しそうな顔が愛しいです(*´∀`*)
・やばい、眠くなってきたのではしょりますが、あー関係ないですがさっきから足元に丸まって転がっていたゴミのようなもの、もしかしたら蜘蛛かなーとは思っていたのですが、本当に蜘蛛でした。歩いてます。と思ったらまた丸まりました。そんなところで休んでたら踏んじゃうよー。
・いや、そんなことを書こうと思っていたわけではなくて…、えっと…、花嫁の上に覆いかぶさっていたレオナルドの頭を、「なんてきれいなの」で髪の毛を掴んで引き起こした花嫁に拍手です…!!右手は頬あたりに添えられていたような気がしますが、左手が後頭部の髪の毛をくしゃっと掴んでました。それイイ、萌えます、男前…!!
・どたんばたん倒したり倒されたりするアレじゃなくて、なんかこうレオナルドが口調とかも優しくて、でも強引で、かっこよかったです(*´∀`*)
・「ここで死んで当たり前」と泣き叫ぶ花嫁の声を、少し離れたところで座って聴く、レオナルドの俯いた鼻筋がきれいでした。静かな表情に覚悟を感じます。こんなきれいな人が死んじゃうのやだなーと思ったら、目頭が熱くなりました。
・花婿の「何してる」を無視して花嫁を押し倒すレオナルドの目が閉じられてるのがちらっと見えて、それもきれいで、こんなきれいな人が死んじゃうのやだなーと(以下略) 唐突に身を起こす動作がまた素早くて、何かの境目を一気に飛び越える感じがして、ぶるぶるします。

●レオナルドと花婿
・GW中は屈託なく笑顔でレオナルドの抱擁を受けていた花婿が、いつからか屈託ありまくりになっていて、そういえば今日はレオナルドに対して一歩も足を踏み出さなかったので、ちょっと強引に引き寄せられる形になっていました。がくってしてました。こわばったままの花婿の横顔が何を考えているのか気になります。対するレオナルドはこのときは穏やかなんですよね…。皮肉な対比です。
・ラストの対決シーン、今までにないほどに心臓がばっくんばっくん打ちました。すごい緊迫感でした。なんかすごく怖かった…!!
・暗転が若干遅くて、花婿とレオナルドがお互いの頬のあたりに手を当てたまま睨みあうのが見えました。

●ラストシーン
・花婿の母がレオナルドの妻に向かって、優しく「その手をお離し」と言ったあたりで涙腺のスイッチが入りました。母個人がどうというわけではなく、人間という種が背負う逃れようのない哀しさというか愛しさというか、そんなのが母の姿に具現化されているようで、胸に迫りました。泣けたー…
・手から赤い砂が零れ落ちるシーンは、できればGW中のような直立不動なのを見たいです。5人の女の個人個人の悲しみを超越した、根源的な人類の悲しみみたいなのを感じたいのです。
・今日はそれでも心臓持っていかれましたけれども…!!またすごい気持ちが揺さぶられてぼろんぼろん泣きました。さらっと見てしまうときと、体が震えてしまうほど感動するときと、なんの加減が違うのか自分でもよくわかりません(´Д`)??

●カテコ
1回目でフラメンコ、2回目でスタオベ(私の周囲は…後ろがどうだったのかはよくわかりません)、3回目にステージに出てこられるときに、森山さんがひらっと舞台奥のちょっと高くなってそうなところに飛び乗られたので、おおーと歓声が沸きました(*´∀`*) で、みなさんで手を繋いでお辞儀をしてくれまいた。はけ際にソニンちゃんがこちらに向かってスカートをひらひらしてくれて、すんごくかわいかったです…!!と勝手な思い込みをしています。だって超愛らしかったんですよ〜!!あのあたりにいた人きっと全員そう思ってます(笑)

他の方のこともたくさん書きたいことがあるのですが…、もう眠い…制限時間いっぱいです。明日も仕事を早引けしての参戦です。お風呂はやっぱり明日にします、その分早く起きます、おやすみなさい〜!!
posted by himra at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 血の婚礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり前に2度ほどコメントを残していたら
東京公演中に奇跡的な出会いが出来て嬉しかったです!!
もう松本公演が始まったのですね〜。
宴会で笑ってましたか〜、レオナルド。
その路線で決定なんですね。
嬉しいっ!!(もう見る機会はないんですが…泣)
20日に始めて笑った顔を結構間近で見たので
その笑顔が可愛いやら、花嫁を見つめる視線との対比で切ないやらで動揺しまくりでした。
カテコでの高くなってる所に飛び乗る姿、見たかったです…っ!!
でも、ふわっと浮くような姿が容易に想像できるので、それで満足します。
私は地方公演に行けないのでレポを楽しみにしてます♪
Posted by water at 2007年05月24日 14:28
waterさんこんにちは!コメントどうもありがとうございます〜!
先日は…!先日はどうもありがとうございました、びっくりしましたね(*´∀`*) わーでもすごい嬉しかったです〜!!予想外!!ぎゃっとなりました!!レオナルドとかレオナルドとか馬とか(笑)一緒にお話しさせていただけなくて残念でした、機会がありましたらぜひ〜!!
松本は2公演ともレオナルドが笑っていました。すてきな笑顔ですね…、20日は手すりの黒いかたまりに邪魔されて私には見えなかったので、松本で初めて見てどきーんとしました。きれいですね…!!そして切ないですね…!!もう観られないのですか? それは…!!ぜひ映像化してほしいですよね…!!
カテコで舞台に飛び乗る姿は、りりしかった、です。手を付いて、フェンスを飛び越えるような感じでひらっと、ふわっと!ほんと男性も含めて歓声をあげるくらいですから、相当きれいでした!
地方公演レポ、がんばりますが、妄想まじりでへたくそですみません…!脳内のチップを直接お貸ししたいですorz でもレオナルドがかわいかったりかわいそうだったりするところを重点的に、がんばります(*´∀`*)ノシ
Posted by himra at 2007年05月26日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。