2007年05月05日

血の婚礼★5/5昼東京公演

携帯からです。


都合3回目ですが、回を増すごとにだんだんよくなっている気がします(んまーえらそう!でも本音)
女性は初日からすごく気持ちが乗っている感じでひきこまれたのですが(ソニンちゃんは花のように愛らしいし)、森山さんがだんだんエンジンがかかってこられたというか、血が通ってきたというか…、なんか、初めて納得できました。
これ、私が慣れてきただけじゃないと思うんで巣。
それから、冒頭のシーンにも、フラメンコにも、すべてに意味があるのがわかってきました。最初からひきこまれました。
そんなわけでネタばれありのメモです。↓
























冒頭の黒衣のシーン、あれが過去なのはわかっていたのですが、同時に、小さな村の閉塞感もすごく感じました。誰が悪いって言うんじゃなく、匿名の人たちがみんな怖い顔をして壁のようで、レオナルドと花嫁が引き裂かれてしまうのもしかたないと思いました。
そんな中のレオナルドのフラメンコは、馬の疾走感が伝わってきました。もうめちゃくちゃに馬を走らせずにはいられない感じ、閉塞感から抜け出したい感じ、レオナルドの表情が雄弁に伝えてくれました。
これが、私のレオナルド理解の糸口になった気がします。
ってまだわかっていないのですが、でも困った人だなあー!!!って今日は思わなかったですよ!なんか人間味が増した、というか、可愛げが増した(*´∀`*)、というか!大地や胸の香りのせいなのが、ええ、わかるような気がしましたよ!レオナルドも苦しいんだなあって感じました…。

「なんてきれいなの」がすごく楽しみなのですが、…あれ?あのシーン自由なんですかね?おとといと昨日と今日と、全部位置が違いました。今日はセンター。花嫁がレオナルドに乗り上げたのが、なんかすごいときめきました。かわゆい…!!
それから、最後に舞い落ちる花びらを見上げるレオナルドにも、涙腺が熱くなるほどときめきました。かんわゆい…!!昨日まではレオナルドにかわゆいと言えると思ってませんでしたよ(*´∀`*)(私さっそく方向間違ってますか?)

ちょっと気になるのが、昨日も今日もカテコフラメンコがよかったので…初日はけっこう流してる感じだったのが残念だなあって…。
さて夜に向けて心の準備です。
回数を増すのがすごく楽しみになってきました…!!


posted by himra at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の婚礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。